今月のpen

pen今月号のゴッホ特集が濃くて良かったです

b0365305_20300611.jpg



ちょうど、放送大学で「心理臨床とイメージ」という科目を
選択しているのもあり、そちらの視点でも楽しめました


高校生の時に岩波文庫の『ゴッホの手紙』を読みました

岩波文庫って、いろんな有名人の手紙本がでているんです
その中でも、ゴッホの手紙は心惹かれるものがありました
激しいのに内向的で、とてもストイックに自分の信念に忠実で

手紙を拝見する分には楽しいのですが、友人だと面倒くさいかも

今回の特集に手紙推しのコメントがあって嬉しかったです


手紙は弟テオに宛てられたものが多いのですが、
そのテオも兄の死後、間もなく亡くなってしまいます

そんな眼で手紙を読むと、かなり切ないですね


都美でゴッホとゴーギャン展をやっているので、
時間を作って観にいこうかと思っています

若冲ほどは並ばない、よね?
[PR]