上野の美術館に行く前に銀座に立ち寄りました


友人が時計をオーバーホールしたいとのことで、ニコラス・G・ハイエックセンターへ


1階の作りがとてもユニークだと評判になったビルですが、
新作展示会で混雑していて写真を撮れず

b0365305_20072715.jpg




それでも、カスタマーサービスはゆったり落ち着いていたので
おのぼりさん丸出しで写真を撮らせていただきました

天井のプーリーがカッコいいです
窓のスクリーン用だと思います

動かしてみたいなぁ

b0365305_20072996.jpg



キリンのオブジェが緑に馴染んで、無機質な建物に
生命を吹き込んでいるようです


これらのグリーンの手入れはどうしてるんだろう?

b0365305_20073188.jpg



縦のアクセントぽい柱が、よく見ると梯子状になってるような
これに掴まって作業するのかな?



キリンが葉を食んでいるように見えるレイアウトは、
平凡なのか、秀逸なのか?


おしゃれな老紳士も、計算されて配置されてるのかと思いましたが、
普通に修理待ちしてただけでした
b0365305_20073457.jpg




窓の外に可愛い看板(リヤドロ)を見つけましたが、この看板は見送ります


b0365305_20073692.jpg



できれば地元浜松で見つけたいな、心惹かれる看板を

[PR]
金網越しに写真をとりたかったんです


カメラを見ると寄ってくる癖があるようで
b0365305_21001065.jpg





ドヤ顔しなくて良いですから(;^ω^)
b0365305_21005286.jpg



[PR]
今日の授業で「1964から2020へ オリンピックをデザインした男たち」という番組を観ました

すっごく面白かった~♪


b0365305_21170440.jpg



今や当たり前のオリンピックシンボルマークやピクトグラムなど、東京オリンピックが発祥ということにとても驚きました

シンボルマークはコンペの末、亀倉雄策氏の作品に決定

でも、なんとなく自由なサイズ過ぎない?と見ていたら、
デザインの力強さを引き出すため、あえて左右を切ったそうで、、

こういうのは、巨匠だから許されるんですよね
学校でやったら大目玉ですよね?


シンボルマークは秀吉の陣羽織にインスパイアされたそうだけと、私には戦国時代のノボリに見えました


b0365305_21170586.jpg




ピクトグラムの話もとても興味深かったです

ピクトグラムを作るメンバーに、横尾忠則、宇野亜喜良ってジャンル違いすぎです~

そして案の定、ダメ出しされる横尾さん

宇野さんは、ナレーションで名前が出ていたけれど、テロップは出ませんでした

聞き違いかも

日本をデザインで盛り上げよう!というダイナミズムか感じられて、とても良い番組でした


写真が何もないのも寂しいかと思い、我が家のバラの写真をアップしました
ミスマッチですみません
[PR]
浜松科学館あたりのマンホールの蓋が可愛かった記憶がありますが、
浜松まつりで近づけず


今は無き浜北市のマンホール、カラーバージョンです
色なしもありますよ


b0365305_16582838.jpg




市のキャラクター、みどりくんと森林公園の吊り橋、飛龍のコラボレーション
懐かしいです



もう一つ、今は無き豊岡村

b0365305_16582909.jpg



旧豊岡村のマークと、梅や松、スイセンかな?
梅園が有名なので、梅の花は分かりやすいのですが
松とスイセンは謎


マンホールの蓋は結構気にしていて、高遠は桜とか、上田は六紋銭とか、地域色が濃いデザインが目に付きます

マンホールの蓋を気にしている割に写真を撮っていません
走りながら見ているものですから


ご当地ナンバープレートも気になってます
でも、他人様のナンバーを撮る訳にも行かず、収集は難しいです
[PR]
他の科の実習室
b0365305_21141601.jpg


モンドリアンぽいでしょ?
室内に侵入できなかったのでいいアングルじゃないのが残念
配管パイプは黄色なんですよ



中庭のアーチから見た本館です

b0365305_09344945.jpg



アールデコとアールヌーヴォーの混在したような、
このアングルが好きです
花盛りになるのが楽しみです



おまけ

b0365305_09345176.jpg


こういうユルい世界もあって心地よい学校です
[PR]