東京みやげのピーセンってご存知でしょうか?
子どものころ、貰うと嬉しいお土産でした。

こんな感じのあられでした。
b0365305_09071911.jpg


↑こちらは「ぼんち揚げ」のぼんちさんのピーナッツあげ。


ピーセンは青い缶にエッフェル塔のイラストが描かれているパッケージが印象的でした。

そのピーセンを東京駅で発見したので購入してみました。

b0365305_09072187.jpg


アルミ袋の個別包装は今っぽいですね。

中に入っていたしおりを読んでびっくり。

ピーセンの銀座江戸一さんは、1997年に暖簾を降ろしていたのです。
それを榮太楼總本店さんが復活させたとのこと。
まるで、横浜銘菓「ハーバー」みたいなお話です。
こちらの「はまれぽ」さんのハーバー復活劇が詳しいです。

おまけにいただいたチーズ味のピーセンはワインのお供に良かったです。
しっとりとした食感で、昔ながらのピーセンとは別物ですが。

昔のピーセンは「フランスの味」ぽいコピーでしたが、チーズ味なら無理がないかも。

ピーナッツたっぷりでサクサクなピーセン、東京みやげの定番になりそうです。
[PR]
実はスピリチュアルから少し遠い私。
自分の目でみたり、感じたりしたこと以外は信じません。
そんな頑固な私が友人のブログを見て「あつ!この方だわっ」と感じたのが、
リミエル・サーシャさん。

横浜の癒やしフェスティバルに出展するとのことで、
即予約して行ってきました。

会場はこちら、ワールドポーターズ。
観覧車の右側です。
b0365305_07241905.jpg



初めましてのリミエルさんは、笑顔が温かく
言葉の一つひとつが優しい方でした。


お目にかかっていきなり、「健康な方ですね!」と言っていただきました。

良かった、健康なつもりだったけど、健康なんだ~と
ホッとしました。

こちらから質問するまえに、リミエルさんに質問内容を先に言われてしまい、
信頼感MAXです。
語る言葉はとても具体的で、些細なことまで、正にその通り。
私や家族のことを細かく調べ上げないと出てこない事実まで語られました。
セッション中は驚き過ぎて、テンション低そうな反応してしまいましたσ(^_^;

優しく強く背中を押していただき、セッションが終わったあとは
身体が軽くなっていましたよ。

こんな方がいらっしゃるんですね。
また、道に迷ったら色々教えていただきたいなぁ。

ワールドポーターズで見つけたお店。
b0365305_07242047.jpg


木で作られた神さまのお面です。
b0365305_07242288.jpg


買っても飾る場所が無いなぁと諦めました。

日本丸も暑そうな一日でした。
b0365305_07242300.jpg




[PR]
横浜で野暮用があったので、ついでに東京に足を延ばして
三菱一号美術館までやってきました。

b0365305_06574935.jpg


ここの佇まいがとても好き。
猛暑なのに健気に咲き誇る薔薇たち。

b0365305_06575274.jpg



隙間時間にアートを堪能しようと張り切って来ましたが、行列でした(>_<)
b0365305_06575447.jpg



待ち時間15分。
隙間時間の15分は余りに痛い!
b0365305_06575532.jpg

仕方がないので、パティオの雰囲気を少しゆっくり楽しんで
急いで東京駅に戻りました。
b0365305_06575648.jpg

混むのを覚悟で、またリベンジツアーするつもりです。
[PR]
静岡空港から千歳空港までの便があるとのことで
それは楽だね、と連れて行っていただきました

可愛らしい静岡空港です。

b0365305_12463680.jpg



飛行機からの眺めが素晴らしく、太陽が2つあるように見える
ちょっぴり不思議なショットです。
b0365305_12463798.jpg



新千歳空港の側溝の蓋。
観光地ですね~♪
b0365305_12463932.jpg


静岡空港からのフライトは18時に新千歳なのですが、
この日は遅れて18時半着。
レンタカーを借りて札幌に20時過ぎに到着しました。

丸1日無駄な感じですね。

ホテルに荷物を置いてから、
ススキノのジンギスカン有名店、だるまに行きました。

21時過ぎているのですが、この行列、、
ちなみに平日ですよ。
b0365305_12464005.jpg


8割ほどが海外からの観光客です。

22時過ぎに煙モウモウで風情ある店内に入れました。
お店のスタッフの方々の対応が良く、気持ちよく昭和なジンギスカンを楽しみました♪

翌朝は苫小牧まで走り、マルトマ食堂へ朝食に。

オリジナル湯飲みですね(^-^)
b0365305_12464167.jpg


お目当ては、これも有名なほっきカレーです。
剥き立ての新鮮なほっき貝がゴロゴロ入っています!
b0365305_12464261.jpg


食べ進めていくとご飯もルーも量が多く、
その後ランチを食べるどころではなく
「きのこ王国本店」できのこ汁だけいただきました。

次回はほっき貝のバター炒めにしようと密かに決意。
きのこ汁はきのこがプリプリで、とってもおいしかったです♪

小樽に来たら、雨。

b0365305_12464349.jpg


観光名所、運河に傘の花が咲いてます。


b0365305_12464571.jpg


ゆっくりしたかったのですが、胃がもたれてそれどころではなく
いくつかショップを見学して札幌に戻りました。

古い建物を上手にリノベーションしているお店が多く、
次はゆっくり見て回りたいです。
b0365305_12464623.jpg



札幌に戻り、懲りずにジンギスカン。
今度は別の有名店、サッポロジンギスカンに行きました。
こちらも海外観光客が多かったです。

翌日はホテルで朝食を食べてすぐに千歳へ。
フライトが10時台なのでバタバタでした。
b0365305_12464735.jpg


お土産すら満足に見れず、、

ということで、また北海道リベンジしたいと思いました。


[PR]
気づけば7月!
人生の転機がそこまで来てるなって感じる今日この頃です。


さて、申込みすらできなかったライフケアカラー検定は次回受検するとして
カラーについて調べ物をしてきて見つけた記事に目から鱗が落ちました。

色気の正体とは?「また会いたくなる人」は色を味方につけている

色気は身にまとう色で決まる、自分(顔)に釣り合った色(体)で
色気を印象づけられる、というようなことが書かれています。

ブルーベースとかサマーとか自分に似合う色、という意識はありましたが、
顔と服の色が50:50のときに色とその人が一体になった良い印象が
与えられるというのは考えたことがなかったです。

b0365305_11454897.jpg

私はサマータイプなので、こんな感じの色味メインに心掛けてます


とはいえ、普段どこかで意識をしている部分なのかな。
体調や気分で似合う(と自分で思っている)色が変わることってありますものね。


これからは、色気を纏って暮らしたいと思いました。
[PR]